若年性認知症 予防

若年性認知症 予防の情報サイト

認知症というのは、ある程度年齢を重ねることによって生じる症状ですが、最近では若い年齢から認知症を発症してしまうケースが増えているそうです。

 

それが若年性認知症と呼ばれる症状で、そのまま放置しているとより一層その症状が悪化してしまいます。

 

認知症の改善には、毎日の運動や栄養を考えたバランスの良い食事を心掛けることが大切なのですが、そう続けることが出来ないのが現実です。

 

病院へ受診し薬を処方してもらうという方法も確かにありますが、医薬品は副作用があるので色々と不安になります。

 

そこで若年性認知症に悩む方にオススメしたいのが若年性認知症サプリメントであり、有効成分が働き予防や改善効果を期待することが出来ます。

 

アルツナイン

アルツナインは、年齢を恐れず楽しく年を重ねたい方におすすめの認知症予防サプリメントです。

 

アルツナインに配合されたフェルラ酸は、今注目の成分・米ぬかから抽出されたポリフェノールの一種です。高齢期には積極的に取ってほしい注目の成分です。

 

さらに酸化を予防し体の隅々まで成分が行き届くようにしてくれる素晴らしい力を備えたアスタキサンチンも配合しています。

 

加齢によりうっかり忘れを予防してスッキリさえわたる生活を応援する成分を3粒にぎゅっと詰め込みました。

 

今ならモニター定期コースお申込みで通常価格13800円のところ初回無料、2回目以降は6900円と大変お得にご購入いただけます。

 

きなり

きなりは、加齢によるうっかりを予防する必須脂肪酸DHE・FPAが500mgと高配合された認知症予防にも効果が期待できるサプリメントです。

 

青魚に多く含まれる血液サラサラ成分DHA・EPAは世界から注目されていて、厚生労働省もその摂取重要度を唱え、1日1000mgの摂取を推奨しています。

 

しかし日本人の食生活は欧米化が進み、魚の摂取量が不足しがちでどの世代も1000mgに達していません。それに伴って年々さまざまな生活習慣の悩みが増加しています。

 

上質なDHE・FPAにこだわり、魚の臭いが気にならずとても飲みやすくなっています。

 

今なら毎月先着500名様・定期便お申込みで通常価格5695円のところ、1980円と大変お得にご購入いただけます。

 

月読

月読は、脳と体の健康にいいとされるフェルラ酸やガーデンアンゼリカ、レスベラトロールなどを配合した認知症予防に効果が紀伊できるサプリメントです。

 

主成分のフェルラ酸は米ぬかに含まれるポリフェノールで、近年になり脳や体のエイジングケアにいい健康食品成分として注目されるようになりました。

 

医薬品ではなく自然由来の成分でできている健康食品なので、もちろん副作用はなく好きなときに気軽に摂取いただけます。

 

月読みは、いつまでも元気でいてほしいとご家族の健康を願う方の気持ちをサポートしてくれます。

 

今なら定期便お申込みで初回通常価格9600円が50%OFFの4800円と大変お得になっています。

 

ジオフェルンZ

ジオフェルンZは、業界トップクラスの含有量であるジオスゲニンをはじめ、レスベラトール、イチョウ葉エキスなどのサポート成分をバランスよく配合した認知症予防効果が期待できるサプリメントです。

 

ジオスゲニンはヤマイモに多く含まれる天然成分で、このジオスゲニンは「うっかり」の原因とされるタンパク質を減少させるという研究結果が注目されています。

 

主成分がヤマイモなので副作用も少なく、徹底した品質管理を行っているので安心して服用できることも特徴の1つです。

 

超高齢化社会を迎え「うっかり」が増えつつある日本の高齢者の方におすすめしたいサプリメントです。

 

定期便お申込みで通常価格6480円のところ5355円とお得にご購入いただけます。

 

リファブレン

リファブレンは、考える毎日をサポートする成分として注目のココナッツオイルや、DHA、いちょう葉エキス、 フェルラ酸、ヒハツエキスなど、5つの成分を配合しています。

 

考えるエネルギー、さらさらしなやか成分、健康・抗酸化成分の三方向から「考えるちから」にアプローチします。

 

何だか最近ボンヤリしている、なかなか名前が出てこないなど、「あれっ?」と思う年齢サインを感じたらぜひ試してみてください。

 

高齢の親御様がいる30代〜50代のお子様世代に多くお求め頂いています。

 

飲みやすいソフトカプセルで、1日分を4粒にぎゅっと詰め込みました。

 

定期コースお申込みで通常価格6000円のところ3000円と大変お得にご購入いただけます。

 

若年性認知症の予防には

若年性認知症は、65歳未満で発症している認知症の総称のことです。

 

その数は全国にして現在では4万人を超えていると考えられます。

 

年齢別では、人口10万人に対しまして、44歳以前の人が5〜10人で、45歳から64歳になると80人〜150人となっているということです。

 

働き盛りの年齢にて発症してしまう若年性認知症は、高齢で発症する認知症と比して社会や家庭での問題を抱えてしまうことが現実としてございます。

 

最も深刻であるのが仕事に支障をきたすために離職せざるを得ないで、経済的、精神的にも大きな悩みへと発展してしまうケースであります。

 

その原因となってしまう病気として挙げられるもので、一番多いものは、脳血管性認知症でおよそ40%となります。

 

続いては、アルツハイマー病が約25%で、頭部外傷後遺症が約8%、続いては前頭側頭型認知症、そしてアルコール性認知症、その他レビー小体型認知症があるということです。

 

また、高齢者に発症する認知症では女性が多いが、若年性認知症ですと男性が多いという特徴もあったりします。

 

原因はもちろんございます。

 

脳梗塞や脳出血、脳動脈硬化等の脳の血管障害からが原因となって起こることが多いです。

 

また糖尿病や高血圧症、脂質異常症等生活習慣病もきっかけとなっているようです。

 

特に気を付けなければいけないのは、急性の大きな脳出血や脳梗塞であります。

 

この場合、意識障害や麻痺、言語障害等の症状が現れることも多いですが、周囲の人々は、それらの急性期の症状には注視しますが、その症状が落ち着いてしまうと、認知症の症状を見逃してしまうというケースも少なくありません。

 

理解や判断における知的機能の障害、自ら何かを始められないという意欲の低下、人格の変化等があげられます。

 

これらの症状は、たとえ完治していると思われたとしても慎重に観察するといった必要性があります。

 

若年性認知症の予防としてアルツハイマー病も知りましょう

若年性認知症を引き起こす病気の一歩手前といわれるでアルツハイマー病については、βアミロイドやタウという異常タンパク質が脳内溜まってしまうことで、情報伝達神経回路に悪影響が及ぼされ、脳細胞を死滅させしまって脳が萎縮していくという病気です。

 

初期症状としましては、仕事がスムーズに進められなくなるといった作業効率の低下や、自分から始められないといった意欲低下等が挙げられております。

 

ただ、これらはうつ病や更年期障害とも間違われることも多くありまして、若年性認知症との区別は難しいということもあったりします。

 

このような若年性認知症のなかでも、脳血管性認知症やアルコール性認知症といった、原因疾患である場合には普段の生活習慣を見直していくことでその発症を予防できたりするものもあります。

 

食生活の見直しとしては、栄養に偏りないバランス良い食事を心がけるようにして、塩分、動物性脂肪、糖質、カロリーはなるべく摂取し過ぎないようにすること、イワシやサバといった青魚に含まれるDHAやEPAを積極的に摂るようにすることがまず挙げられます。

 

また運動の見直しも必要でしょう。

 

適度に負荷のかかる運動について継続的に行っていくことや、意識しての有酸素運動を行うようにすることも必要です。

 

そして、生活習慣の見直しをまずしましょう。

 

夜更かしをしないといった規則正しい生活を送るようにして、禁煙をしまして、暴飲暴食や過度な飲酒は控えるようにするという基本的なことです。

 

このような見直しによって、若年性認知症の引き金ともなってくる生活習慣病についても予防することができるのです。

 

さらに脳の活性化をするためには、指先運動を習慣づけ、友達や仲間、同僚等のコミュニケーションで脳を刺激するようにすると、予防にも効果的です。

 

若年性認知症の予防のためには症状を知ろう

若年性認知症の症状としてはどのようなものが存在するのでしょうか?

 

若年性認知症の症状についても、老年性の認知症と同様で中核症状、それと周辺症状の行動や心理症状に分けることができるということです。

 

それぞれの具体的な症状を見ていきますと、まず中核症状とは、脳の神経細胞が壊れてしまうことによりまして現れてくる症状であります。

 

程度の違いはありましても、認知症の人でしたら、誰にでも起こるという症状であります。

 

若年性認知症の症状としましては、最初に現れてくるのが記憶障害があります。

 

物事を記憶するのが苦手になってきて、物忘れが激しくなってまいります。

 

初期の段階ですと、直前にやったこと、聞いたことなどや新しいこと等が記憶できなくなってきて、同様な質問等を繰り返し聞いたりしてしまいます。

 

進行すると、過去の蓄積された記憶が失われてしまって、自分の生年月日、出身地、記憶していた体験、経験等も忘れるようになってきます。

 

他には日付や曜日、時刻、自分の居場所、誰といるかとか等、自分の状況が不明になってしまうような現象を見当識障害といいます。

 

これも記憶障害と並び比較的早い段階から現れてきます。

 

それから筋道を立てて、物事を考えられなくなることや、物事の真偽善悪、可否などの決定力がなくなってくる障害や、目の前にある状況把握をして、計画を立てるようにしたり、手順を考えて行動することができなくなる実行機能障害もあります。

 

それが重度になると家事や日課など、手慣れている普通の作業がやがてはできなくなります。

 

言葉の扱いが困難になってしまう失語症、視覚や聴覚等ある1つの感覚を介しましてのものの認識が不可能となる失認症、ものの使い方や動作がわからなくなるという失行症などもありますので、注視して長期的に監視する必要もあるかと思います。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ