若年性認知症 予防の情報サイト

若年性認知症はその人の性格が原因で引き起こされるパターンもあるようです。例をあげると、何かと神経質で仕事でもプライベートでも全てを几帳面にやってしまう方、責任感が強すぎて自分で自分を追い込んでしまう方などは鬱病になりやすいと言われています。ですので若年性認知症の予防という意味で、適度に力を抜くというのが大切になるんですね。

 

なるべく早く寝て早く起き、休日だからといって夜更かしは極力しない。偏った食事バランスにならないように気をつけて、毎日の3食から充分に栄養を摂る。どんなにお腹が空いていても腹八分目を常に心がけ、出来ることなら煙草は吸わない。

 

この3つを守るだけでも確実に生活習慣病予防になります。遺伝性若年性認知症の方なら特にこの3つだけは絶対に守るようにした方が良いでしょう。

 

もちろんこれだけでは完璧とは言えません。出来るだけ多くの趣味を持ち、没頭することも同じくらい大切です。インドアな趣味でもかまわないのですが、スポーツ系の趣味ならなお良いですね。例えばマラソンや水泳やスポーツなどは丁度良いバランスで体に負荷をかけてくれるので、体を鍛えるという意味でも良いですし、ストレス解消にも良いと言われています。

 

毎日の食事のこと、規則正しい生活スタイル、そして趣味を持ち没頭すること、これらのことを気をつけるだけでも、脳の血管障害対策にはとても有効なんです。それにこれらのことに気をつけていれば、高血圧になるリスクも回避出来ますから。


ホーム RSS購読 サイトマップ