若年性認知症 予防の情報サイト

認知症の症状が出始めたら、早期の段階でお医者さんの指示を仰ぎ、ちゃんとした治療やケアを行うようにしてください。お医者さんの指示なしに自己流で介護をしてもご本人は辛いだけだと思いますし、介護する側も無駄な苦労をしてしまうことになりますからね。それに自己流で介護してしまうとご本人の症状を悪化させてしまう可能性もあります。大切なご家族なのですから、早期の段階でお医者さんから指示を仰ぎ、理想的な介護をしてあげたいものですよね。

 

ちなみに認知症治療の最先端は頭と体を同時に使う予防法研究にシフトしているようです。物忘れをしにくくなる物質、BDNFを増やすことで、認知症を予防したり、改善したりするための研究だそうです。

 

それとやはり早期の段階でのご本人への接し方がかなり重要なようですね。早期の段階だと今までの普通の状態と症状が出てしまっている状態が交互に続くので、その時にやたらと怒り過ぎてはいけないみたいです。ご本人の心が追い込まれてしまって逆に症状が悪化してしまう恐れがあります。

 

ただ早期の段階だと、ご家族もご本人も認知症だと気付いていないことがあるので、これはどちらのとってもとても難しい問題だとは思いますね。こちらが認知症だと分っていれば、然るべき対応の仕方をすればいいのですが、こちらが分っていない場合は「最近、トラブルばかり起こして困る」なんて思ってしまい、不幸なすれ違いが起こってしまいますから。


ホーム RSS購読 サイトマップ