若年性認知症 予防の情報サイト

動物、特に犬を飼い始めると、生活スタイルが劇的に変わってしまうって言われています。猫なら勝手に動き回ってくれるでしょうけど、大きな犬の場合はかなり大変なことになります。ストレスを溜めさせないようにするためには運動させるしかなく、定期的に一緒に散歩に出かけることになるでしょう。

 

それにしても犬でも飼っていないと近くの公園ってあまり出かけないですよね。実際に公園に行ってみると、四季の変化を楽しむにはうってこいの場所だって気付かされますし、綺麗な草花の香りを嗅ぎつつ、同じ境遇の飼い主さん達とのコミュニケーションだって出来てしまいます。こういうのってかなり良い運動になるんですよね

 

ペットがきっかけになってアウトドアな人になると、新たに色々なことに気付いたり、新しい出会いが訪れたりします。こういったこと全てが脳にとっての刺激になり、皆さんの脳の働きを活性化させてくれるわけです。

 

ペットを飼うということは社会参加のチャンスや運動する機会をも与えてくれるということです。体だけでなく心も老化させない効果があるとすら言えるかもしれません。

 

ペットの世話をしていると心が和んで感情が豊かになるという人はとても多いです。ストレスを感じず落ち着いた精神状態で過ごすというのは誰にとっても理想です。特に日々ストレスに悩まされている中高年の方なら尚更そう思うはず。ペットを飼えばストレスからも解放され、認知症になるリスクも回避出来るはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ